子どもの歯列矯正で悩む親御さん必見!子どもの歯の矯正の基本知識がわかる総合サイト

歯列矯正を子どものうちから始める利点

成長発育期は骨のバランスを整えやすい

あごの骨の成長を促進・抑制することによってバランスを整えたり、歯列弓を整える治療は、子どもの成長期を利用して行われるものです。これらの治療は、出っ歯や受け口になってしまう原因を根本から治療するもので、床治療と呼ばれます。
このような治療ができるのは子どもの頃に歯列矯正を行うメリットと言えるでしょう。大人になってあごの成長が終わってしまうと、治療の選択肢は限られます。しかし、ただ早くに始めればいいというわけではなく、適切な開始時期を待ったほうがいい場合も当然あります。
早くに治療を始めたほうが良いケースとしては
・永久歯が重なって生えてきた場合
・受け口(反対咬合)の場合
などが挙げられます。
これらの場合も、程度によっては永久歯に生え変わってからでも間に合う場合もありますので、医師と相談して適切な開始時期を見極めることが重要です。

将来的に抜歯や手術をするリスクが減る

あごの成長が終わった段階では、成長を利用してあごを広げてスペースを作ることはできません。したがって、永久歯が重なって生えてきた場合などに抜歯が必要になる場合があります。抜歯は珍しいことではないかもしれませんが、健康な歯を抜くということは少なからず身体の他の部分にも影響を与えます。
また、大人の受け口で重度の場合は手術が必要になる場合があります。

成長期であればあごの骨を整えることによって永久歯がまっすぐ生えてくるスペースを作ったり、下あごの過成長を抑制することによって受け口を治すことができます。

矯正歯科に相談するときには、歯自体はもちろん、あごの骨格の状態についても詳しく解説してもらいましょう。将来的に抜歯や手術をしなければならない可能性が高い場合は、早くに開始したほうが良いと言えます。


このPostをシェアする