子どもの歯列矯正で悩む親御さん必見!子どもの歯の矯正の基本知識がわかる総合サイト

子どもの歯列矯正のメリットや適切な開始時期の判断基準

1期治療と2期治療

歯列矯正には「1期治療」と「2期治療」があります。このうち、6~13歳頃までに行う治療を「1期治療」といいます。1期治療では
・あごのバランス調整
・指しゃぶりや口呼吸などのくせの除去
・「歯列弓」の拡大
を目的に行っていきます。13歳くらいまでの成長発育期は、あごの骨や歯列弓を整えやすいため、歯やあごの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯並びとかみ合わせを直していきます。
例えば、出っ歯に見える歯は、下あごの成長が不十分なことがあり、下あごを前に引き出すようにコントロールすることで出っ歯を直せる場合があります。また、歯並びがデコボコな場合は子供の成長期を利用して歯列弓を広げ、歯がまっすぐ生えてくるスペースをつくることもできます。
これらの治療は成長が止まった成人以降では難しくなります。一般に大人が行う歯の移動のみを行う矯正よりも痛みや違和感が少なく歯磨きもしやすいというメリットがあります。

「咬合誘導」を行う歯科も

咬合(こうごう)誘導とは、歯並びやかみ合わせを「悪くならないように誘導する」治療のことです。
すでに悪くなってしまった歯並びやかみ合わせ(不正咬合といいます)を直すには矯正治療が必要ですが、咬合誘導は乳歯の段階から永久歯が正しい位置に生えてくるようにコントロールすることで、歯並びやかみ合わせが正しく育つよう管理していきます。矯正治療よりも短期間で終了するため、子どもの負担も少なく済みます。価格も矯正治療よりも安価に行えるところが多いようです。
全ての矯正歯科や小児歯科で行っているわけではありませんが、矯正治療が必要か判断できない場合は、このような治療方法もあることを頭に入れた上で、医師に相談するのも手かもしれません。


このPostをシェアする